個別指導塾トライプラス高津校なら自分のペースで取り組める学習習慣を定着できます。

トライプラス高津校
  • トップページ
  • お問合せフォームはこちら
高津の個別指導塾トライプラス高津校では全ての教科に通ずる読解力をつける為、丁寧な指導と手厚いサポートをしています。

少女

小学生の国語
「国語は勉強しても成績が上がりにくい科目です」
国語のテストの場合、漢字の問題の比率はおよそ全体の3割ほど、残りの7割が文章問題に充てられます。普段の宿題では漢字を中心に行っていますが、それだけで文章問題に対するスキルを上げることは難しいのです。国語の成績をあげるには、やはり独自に読解力を上げる必要がありそうです。
「読解力があればすべての科目の問題を解くスピードが上がる」
国語の次に読解力が必要な教科と言えば「算数」です。計算が得意な子ほど成績が伸びる科目ではありますが、読解力がないと文章問題でつまづいてしまいます。
しかし読解力があれば、文章問題を一度読んだだけで「この問題は何を質問しているのか」ということがおよそ理解できます。読解力の高さは、テストなどの問題を解く速さにもつながります。

鉛筆ノート

国語の勉強法
漢字を覚える方法 グループ分けをして部首ごとにまとめて覚えるようにします。「熟語は音読み+音読み」まずは、漢字の成り立ちや法則を知ることから始めましょう。

文法問題の対策法
文法は、各品詞を整理し、それぞれの特徴を理解し、必要な知識を暗記しましょう。基礎知識が無いまま演習を繰り返しても身につきません。例えば、「日本語は主語になる助詞が決まっている」ことを知っていれば、簡単かつ素早く主語を抜き出すことができます。

長文読解力の攻略法
文学的文章(小説文・随筆文)
ただ読むのではなく、読んでいる内容を理解し、頭の中に情景が画像として浮かぶの練習をします。そうすることで重要ポイントが見えてきます。それが読解力を鍛えるコツです。

説明的文章(説明文・論説文)
前後のつながりを常に意識し、今読んでいる箇所が何について説明しているのか、前に掲げた意見の根拠を述べているのか、次につなげるための文章なのか、などを理解しながら読み進めることが大切です。

古文
教科書でよく取り上げられる「平家物語」「枕草子」「おくの細道」「万葉集」「竹取物語」「古今和歌集」などは、訳も含めて暗記するのが基本です。

漢文
レ点、一・二点などの組み替えルールを覚えて、内容を読み解く演習をします。
国語、数学、英語、理科、社会 5科目対応の個別指導‼️
東京大学、東京工業大学、早稲田大学、慶應大学などの
講師たちが丁寧な指導と手厚いサポートをしています。
今すぐお問合せする

PageTop